卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

いかに’really’を使わないか。

今日の留学情報

英語だと’good’や’bad’、
日本語の「マジ」「超」と同じように
‘really’という単語は
「何が・どれ位・どの様に『本当』なのか」という情報を
一切説明していない言葉である。

その為、日常会話ならともかくとして
ライティングでこの言葉を書いてしまうのは相当はばかられる。

現在英作文でreallyを乱発している人は、
以下の代替案を検討してみよう。

  • Literally(文字通り)
  • In fact / In reality(現実には/現実には)
  • The truth is(現実は/真実は)

または話をより具体的にするためにも、
固有名詞や数値・程度を折り込んでみたり
他の形容詞を使ってみるのも一興である。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸】
‘actually’もなるべく避けたい。
日本人として使いたくなる気持ちは極めてよく分かるが。

コメント