卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

ヒヤリングという言葉の綾。

気づき - ki du ki

「よく人から話を聴くことをヒヤリングっていいますけど、
英語のhearの意味から言うと誤用ですよね?」

言われてみれば確かにそうだ。

自分から傾聴する(listen)のとは違い、
特に意識せずとも耳に入ってくること(hear)を
話を聴く態度として扱うのは違和感が大きい。

listenは意識しないと出来ないが、
それに対してhearは極端に言えば
心ここにあらずでもhearだからである。

‘Are you listening?’は「聴いてますか?」に対し
‘Do you hear me?’は「聞いてますか?」である。

例えば、この差を感じ取るのが英語の勉強である。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸】
そう考えると、
「お客様からヒヤリング」というのは全てがおかしい。

コメント