卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

「英語脳」は本当に必要か。

今日の留学情報

「英語だけで考えて受け答えする」
「わざわざ日本語の解釈をはさまない」
という意味で使われる英語脳という概念。

率直に申し上げて、
「英語脳を作ります!」と言った方がウケがいいので
今日の英会話スクールにこの言葉を掲げる場所は多い。

では、この
「英語脳」は果たして本当に必要なのだろうか。

結論から言うと、
英語脳が「あった方が良い場面」と
ない(使わない)方が良い場面」が存在する。

あった方が良い場面とは、
日常的なスモールトークなど
話す内容が予めある程度決まっている場合だ。

この場合は、
英語だけで反応・受け答えが出来た方が
会話がスムーズに進む。

では、
「英語脳がない方が良い場面」とは何か。

それは
じっくり論理的に考えて発信する必要がある場合だ。

相手を説得・納得させたい。
こちらの意見を正しく伝えたい。
絶対に誤解や語弊がないようにしたい。

こういった場合は、
英語のみで考えるよりも
「日本語→英語」で考えた方が良い。

当たり前の話ではあるが、
英語よりも日本語の方が
普段その言語で過ごしている時間・経験が長い分
語彙にも表現力にも論理的思考にも秀でているからだ。

畢竟、どちらか一辺倒ではなく
うまく使い分けようということだ。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸1】
換言すれば、
「英語脳で全ての状況に対応しましょう!」
という人とは距離を置いた方が良い。

【追伸2】
英語学習に限った話ではないが、
状況というのは常に変わっていくものだから
「この戦略一つでいつまでも安心」というのはない。

コメント