卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

バイリンガルvs.グローバルシチズン。

今日の留学情報

英語を勉強するにおいての
最終的な方向性の話だ。

日本ではやたらもてはやされるバイリンガルだが、
そんなにお手軽ではないのはこの記事で書いた。

そして言ってしまえば、
バイリンガルは
複数言語が話せるだけの「普通の日本人」である。

これに対し、
より進んだ形態であるのがグローバルシチズンだ。

言語をあくまでも媒体として、
単一の国・視点・考え・常識にとらわれず
一つ上の次元から見下ろして物事を捉えることが出来る。

学術的にはメタ認知とも呼ばれるが、
異なる言語を学ぶプロセスで
この「上からの客観的な視点」も手に入れれば
その後の人生が大きく拓けていく。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸】
かのコヴィー博士がいうところの
『win-win』を見つけ出すためには、
この「一つ上の次元からの眼」が欠かせない。

コメント