卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

バイリンガルはお手軽ではない。

今日の留学情報

「英語が堪能で…」
「○○と△△のバイリンガルです」
「□か国語に精通しています」

本当に喋れる人は別にして、
残り9割の日本人は
これらバイリンガル・トリリンガルを舐めている。

まず、「堪能」程度ではバイリンガルではない。

世界で活躍するにおいて必要なのは
ビジネスレベルの教養ある語学力であり、
スラムよろしくの「日常で喋れるだけ」ではない。

そしてもう一つ。

バイリンガル以上を目指そうとして
「どれも第一言語レベルにならない」のが一番悲惨であり、
かつ最も陥りやすい失敗である。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸1】
自称バイリンガルの半数と
自称トリリンガル(とそれ以上)の9割は
どの言語も中途半端な困ったさんである。

【追伸2】
「子供をバイリンガルに育てたくて…」
51%以上の子供にとってこれはいじめだ。

コメント