卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

これからの「顧客満足」とは。

今日の留学情報

スポーツの世界では、
一流と超一流の違いとして
こんな表現が使われることがある。

期待に応えるのがスター。
期待を超えるのがスーパースター

お客様側の目がどんどん肥えてきて、
期待に応える程度では真に満足しなくなってきているのは
どの業種業界でも変わらない。

つまり、100%のサービスで終わらせるのではなく
1%でもいいからお客様を驚かせる・感動させることが
これからの「顧客満足」のスタンダードになる。

こんなことは巷のビジネス書でもよく書かれるが、
これを正面から受け止めた上で実行できる人間は
果たして世の中にどれくらい存在するのだろうか。

間違っても、「顧客満足」という言葉を使って
自分にうっとり自己満足している場合ではない。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸】
留学で例えよう。
ペーパーを書いて提出するとして、
「requirementさえ満たせればいいや」と考えるのは二流。
「requirementは当然として、そこから発展させよう」が一流。

コメント