卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

コカ・コーラ。

今日の留学情報

現在筆者が通う大学から車で10分の立地に
コカ・コーラ社のボトリング工場がある。

その関係で、
この街・ハッティスバーグはもちろんのこと
大学のカフェテリアや売店で扱われる
飲料は全てコカ・コーラ社で埋め尽くされている。

  • 困ったらスポンサーシップ(特にスポーツ関係)
  • 飲料と名のつくものは何でも作る
  • フットワークがむちゃくちゃ軽い
    (USMのスポビズクラスにも営業マンがゲストとして来た日があった)
  • 実はマイナーチェンジ品種改良の頻度がとても高い
    (先日はコカ・コーラ ゼロが美味しくなった。ステマではない
  • 健康ブームにあわせ、最近では
    ノンカフェインや低カロリー飲料も開発

ここまでの巨大企業の出身国なだけあり、
マーケティング的視点から
学べそうなことはいくらでもある。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸1】
同じ大学の敷地内には、
コカ・コーラ社製品とペプシコ社製品は
決して相容れないという不文律がある。

【追伸2】
やろうと思えば
留学生でもインターン応募できるよ。

【追伸3】
だが、アメリカの無印コーラは甘すぎる。

コメント