ミシシッピ留学生のぼやき。feat.USM

"Grumble from Mississippi" 海外留学・英語学習・ボスキャリなどに役立つブログを目指していました

ライティングのKISS。

time 2018/08/14

ライティングのKISS。

「KISSの原則」をご存知の方もいるだろう。

Keep it simple, stupid!‘の頭文字を取ったものだ。

この言葉は
20世紀アメリカのとあるメカニックが元ネタだが、
実は英作文・ライティングにも応用することが出来
今日でもESLの教室で教えている教師が多い。

その場合は
Keep it simple and short‘と改変しているが、
伝えたい本質は同じだ。

  • Simpleストレートで分かりやすい文章にする
  • Short余計な贅肉を付けず、スッキリした文章にする
  • Stupidバカでも楽しめる、面白い文章にする

こんなに素晴らしい標語もない。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸1】
これらの意味をまとめて、
‘Concise=簡潔な’という単語があてがわれることがある。
ネイティブの教師が好む表現でもある。

【追伸2】
でも折角「キス」なのだから、
「愛のこもった文章にする」のも素敵だよね。

こんな記事も書いてます。

down

コメントする




関連記事

今日の留学情報

1444

英語ワンポイントレッスン

ボストンキャリアフォーラム(ボスキャリ)

アメリカ○○あるある

Opinion:「生きると決めた日々」

時事ネタ

日常生活

未分類

本ブログ筆者

スミカ(Rick)

スミカ(Rick)

アメリカ留学4年目、ミシシッピ生活2年目 南ミシシッピ大学にて 半ニート生活を満喫するわかもの a.k.a. Riku [詳細]

こちらの記事が人気です!