卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

起承転結は必要ない。

今日の留学情報

英語という言語の特徴の一つに、
まずは結論から話す」というのがある。

何が「結論」であるかは場合によるが、

  • 意見の表明
  • 提案・クロージング(お金や期日の話含む)
  • 結果や事実

例えばこれらであることが大半だ。

さて、大切なのはここからである。

よく「英語と違って日本語では
起承転結で話すけど…」と言われるが、
日本語でもまずは結論から話すべきである。

起承転まで散々話を広げた挙句、
肝心のオチで滑った人のことを時間泥棒と呼ぶ。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸1】
結論がイケてないということは、
その話全てがつまらないということだから
極力奪う時間を少なくする方向が正解。

【追伸2】
学校教育で教材として扱われるレベルの
フィクションの名文であれば結構だが。

コメント