卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

紙一重。

気づき - ki du ki

紙一重の差で妥協しないこと、
誰もがつい手を抜きそうなところでこそ
粛々と為すべきことを為すことの大切さは
既に広く知られているところだろう。

だが、その為にはまず
どこが「紙一重の差」なのかを
感じ取るないし知って置かなければならない。

この部分こそが差を分けるのか、
はたまた実はどうでもいい部分なのか
皆既に頑張っている・いないのか。

半分知識であり、
残り半分はセンスである。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸】
同じ1%でもその場その場で意味は変わる。
例えばこういったことを瞬時に理解出来るか否か。

コメント