卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

アメリカの大学における図書館24時間営業の是非。

今日の留学情報

ここUSMももちろんのこと、
アメリカの大学はこれから学期末に入る。

期末テストや大きなペーパー・プレゼンなど
特に忙しくなるこの時期において
ある種の名物(?)と言えるのが24時間営業の図書館だ。

テスト期間など関係なく
学期中は常に図書館24時間営業の大学もあるし、
ここUSMのようにテスト期間のみ
特別モードとして24時間営業を実施する場所もある。

だが、かつては徹夜大好きだった
私から言わせてもらうと
このシステムは決して良い面ばかりではない。

まず、大学の授業やテスト・発表は日中なのだから
下手に夜型の生活にしてしまうと
いざ本番の日中に集中出来なくなってしまう。

そしてもう一つ。

図書館でオールするような生徒は
そうせざるを得ない状況を自ら選択し、
及び「時間はいつまでもある」と思っている連中なので
そこにあなたが入って一緒に勉強するのであれば
そんな雰囲気に感染するのは覚悟することだ。

 

筆者、スミカ(Rick)

【追伸】
私自身もかつては
深夜2時3時といった時間帯に
ペーパーの添削や議論で盛り上がるのを
かっこいいと思っていた節があるが、
さてそれは本当に美談なのだろうか。

コメント