卒論公開中!

2019年5月に執筆した
筆者・スミカ(Rick)の学士卒業論文
"EBL, English as a Bilingual Language,
the Most Effective and Efficient Way to Study English"
本ブログにて無料公開中です。

閲覧はコチラから

とりあえず、初週終わり。

学校生活

 

どうも、スミカ(Rick)です。
とりあえず、実質USMの最初の一週間が終わりました。
やはりと言うべきか、夜の早い時間からさっきまでずっと寝てた。
反省はしている。反省は。
なお、この時間帯に更新してしまうとPVがズタボロになる模様。

とは言えど。
あれから万全の体制と気合で臨んだ経済学キャンセル
そのため授業前にもふんだんに確認が出来たビジネス途中で時間切れ
代数学に至っては、数学Ⅱあたりでやりそうな点と線が始まる。ええ・・・(困惑)
(Y=ax+bとか、あのへん)
あれだけ授業以外の面に関して文句を垂れてきたが、
授業そのものに関しても
準備していくと空回りし、準備していかないと地獄を見る」という
大学生としての阿鼻叫喚。どうしろと。
まあ、これに関してはいつも通りである(ノД`)・゜・。

そして、今日のトップ画像に関しての小話を。
ここ数日間ルームキーが働いていなかったため、スペアを借りていたのだが
昨日がその返却日だったのだ。

デスク「さあ、今はその元のルームキーが使えるはずよ」

(´・ω・`)「はーい」

何枚もカードを持ってたから失くすのが怖かったな~、とか思いながら
意気揚々と自室へと引き上げていった一週間終わりの放課後。
ゆっくり寝よ・・・。

 

しかし、これだけで終わらないのがこの「弾ける」留学生活である。

 

(部屋の前・・・)

(カショッ カショッ ピッピッ)

・・・

 

ぼく「開かないお・・・(´・ω・`)

 

デスクに引き上げて事情を聞いてみると、
なんとルームキーを受け付ける装置、
つまりドアの方が動かない電池切れ)ことが判明。
とりあえずスタッフを呼んで、ドアの修理もかねて
その場でドアを開けてもらった。

 

しかしである。

 

 

(やっぱり)まだ、終わらない。

 

さて、僕個人の部屋の前で
さっきは失敗したルームキーを取り出す。

(滞在している部屋は2人×3部屋、つまり
部屋ごとにまた個別のドアがもう一つずつある)

(カショッ カショッ ピッピッ)

 

僕「あ、すいません」

スタッフ「?」

 

(´・ω・`)「これも開かないっすね

スタッフ「」

 

お願いだから部屋に入れて。

 

結局もう一回スペアのルームキーを借りなおし、
部屋に入れた頃には1時間が経過していた
(しかも、何故かもとのルームキーが復活したので
もう一回デスクに行ってスペアを返しにいくハメに。
これが後の無限ループであった
寝させてくれよ・・・(絶望)
しかも一週間の終わりだったから良かったものの、
これで仮に宿題大量とかだったらどうしてだんだろう。
考えたくもない。

そしてその後も授業料やらなにやらの対応に追われ、
ちょっと一息つこうと思ったら
こうして朝になっているのである。いつも通りですね

 

そんなこんなで、今日から3日間のオフが始まる。
まあ、昨日の作業を半ばでほっぽりだした記憶があるので
まだ安らぎそうな状況にはない。
そしてこの週末、寄れれば「ジム」に行くかも?

スミカ(Rick)

 

コメント