「生きる」と決めた日々。feat.USM

Fall Term Comes at Southern Miss. I Guess I Am Japanese.

【バカ】時代はブログ書いて勉強や!スポーツマネジメントのテスト勉強を記事にしたった

time 2017/05/04

【バカ】時代はブログ書いて勉強や!スポーツマネジメントのテスト勉強を記事にしたった

 

どうも、スミカ(Rick)です。
今週も早いもので、ぼちぼちと
「今日でクラスは最後。あとはテスト!」という言葉も
チラホラと聞くようになりました。

 

なので、ある意味当然なのですが
テスト勉強というものを抱えています。
そんなミシシッピ初めての大きなものに追われながら
この「Final Week」に差し掛かってくると、
図書館の人混みがいつもよりあわただしくなる…
アメリカの大学でもおなじみの光景ですね。

ですが、スミカ(Rick)は基本的に
このブログも毎日更新すると決めています。

そんなこんなで
時間足りねえな・・・
そもそもダリいな、勉強・・・
でも、ブログも書かないとな・・・

思っていた時に、
「とある」一つの考えが浮かびました。

 

 

同時にやればいいんじゃね??
ウェチゴセイカァッ

 

そうすれば筆者自身のまとめ&見返しになりますし、
何よりこのブログのコンセプトである
未来の留学生に役立ててもらう」という
目標にモロでコミット出来るやんけ!!
それを人はライザ〇プと呼んだ

という訳で今回の記事では、
筆者が(一応)専攻している
スポーツマネジメント基礎クラス
期末テストでやるような情報をまとめていきます。
やるような、というかやるんですけど

日本ではまだまだ馴染みの少ない
スポーツマネジメント」という専攻。
先日に挙げたプレゼンまとめの模様も合わせて、
ぜひ、アメリカスポーツビジネス
ちょっとした入り口を覗いてみてください。

⇒【現実】クラスプレゼンまとめ!結局「スポーツ業界を目指す」ってどういうことなの?⇐

(出典または引用、および参考:
Foundations of Sport Management Third Edition
© Gillentine, A. and Crow, R.B.
Fit Publishing (2015), All Rights Reserved.)

 

「スポーツマネジメント」とは

マネジメントの機能

  • Planning(計画
    ゴール(目標)アクション(行動)の方針設定
  • Organizing(構成
    具体的なプロセスの作成・グループ内での部署や権限の決定
  • Directing(指揮
    計画実施における社員やアスリート・自分自身のモチベーションアップ
  • Monitoring(監視
    実行における監視事後評価・比較、計画の見直し

マネジメントを行う技術

  • Technical Skills
    オペレーションにおける専門知識、特に競技自体に関して
  • Human Skills
    指揮・コミュニケーション・モチベートなどの対話能力
  • Conceptual Skills
    団体のシナジーを具現化する力・目標への想像力や実現力

Decision-Making(グループでの決定)

⇒上3つのスキルを合わせて行われる
スポーツマネジメントの重要な役割の一つ。

Benefit(利点)
  • より多くの情報を集めるので、より正確な分析が出来る
  • 「チームメンバーとして」のやる気アップを促進する
  • 一人あたりにかかる責任や負担の軽減
Difficulty(難点)
  • 決定までにより長い時間を要する
  • メンバー内でのレベルに差がつきやすい
  • 情報の不行き届きや誤解を予防する必要がある

余談

「スポーツビジネス」というと
どこか華やかで豪快なイメージが
一般的についているかもしれませんが、
日頃のオフィスにおける事務関係は
ごく普通の会社のそれとなんら変わりません。

あえてスポーツ業界らしい
特徴を挙げるとしたら、
あまり一般的な業界と比べると
一人が独断で決めることってあまりないんですよね。
いわゆるチームワークです。
それぞれがそれぞれの仕事を
プロとして信頼し合って任せている、という印象です。

筆者もこれまで
幾つかのスタジアムで研修を行ってきましたが、
それらの施設にも共通しているのが
いわゆる「この人が全てのトップ・指揮」というよりは、
この担当はこのチームそこはその部署の範囲、と
権力や義務がうまく分散しているのが特徴です。
コネクションとかになってくると話は別ですけどネ

 

スポーツファイナンス

スポーツ団体の所有形式

  • Sole Proprietorship
    一人のオーナーが所有
  • Partnership 
    複数のオーナーで共同経営
  • Corporation
    行政・法律の監視下に入る「企業」
  • S Corporation / LLC(特別法人/有限会社)
    その他例外

 

ライセンスと金儲け

License(ライセンス)

そのチームのロゴやトレードマークを
グッズや宣伝用等に公的使用する際に
その発行元に対して払う使用料のこと。

スポーツビジネスの大きな収入源の一つ。
ライセンス使用料等の売り上げが
全体のうちの最大20%を占める。

ライセンスを発行する側はLicensor、
その使用を許可してもらう側はLicenseeと呼ばれる。

余談

それに加えて、アメリカのスポーツ団体の
大きな財源となっている所が
スタジアムの命名権です。
日本だと地方の野球場などで
たまに企業名がつく程度ですが、
アメリカ(MLB)の球場では逆に
「命名されていない」球場の方が少ないです。

日本にヤフオクドームがあるように
携帯大手のAT&Tパークがあり(ジャイアンツ)、
あの大手ジュースブランドである
ミニッツメイド・フィールドがあり(アストロズ)、
日本でもおなじみマリナーズの本拠地、
シアトルのセーフコ・フィールド
その一つです(「セーフコ」は地元の保険会社)。

逆に、ボストン・レッドソックス本拠地の
フェンウェイ・パークや(フェンウェイは地名)や
ご存知ヤンキー・スタジアム(球団名そのまま)など、
企業に名前(命名権)を売っていない球場は
MLB30球団の中では9つしかありません。

 

スポーツマーケティング

プロモーション(販売促進)の種類

  • Price Promotion値段
    おまけ(値引き)チケットやクーポン等、
    おトクになる(値引き)」販売の促進。
  • Non-price Promotion値段以外
    プライスレスで付加価値を付ける。
    写真撮影やグランド見学、アイテム配布など

顧客層のリサーチ

スポーツビジネスにおける
Segmentation(区分)という言葉は、
主にマーケティングで活用される
顧客の様々な層への仕分け
という意味で使われる。

Segmentationの代表的な2種類。
  • Demographics(人口統計
    年齢や住所・職業や学歴などの基本情報
  • Psychographics(性格特性図
    趣味・嗜好をデータとして収集・整理する

 

余談

顧客層を仕分け、分析したうえで
ターゲットを絞った商品を売り出すのは
日本の一般的企業でも変わりません。
ですが、アメリカのスポーツ業界には
日本のいわゆる「ターゲット層」とは異なる
一つのポイントが存在します。

例えばアメリカの球場などでは特に
家族層をいかに取り込めるかが一番重視されます。
ご存知の方もいるとおもいますが、アメリカでは
親が子供を一人にさせるのを法律で禁じている関係で
外出は基本的に家族総出になります。
そこで、「親子で一緒に楽しめる」という事で
ファミリー層の取り込みが必須なんですね。

なので、アメリカのスタジアムには
必ずと言ってよいほど
「子供の遊び場」ゾーンが存在します。
ご家庭にお子さんが居る方は分かると思いますが、
特に野球などの長時間スポーツになると
子供ってあっさり飽きるので、
そういう意味でもこのような施設は必須ですね。

 

まとめ。

  • チームワークはオフィスにも通ず
  • 名前やブランド「自体」を売るというビジネス
  • 家族で楽しめる新しい遊園地的場所を目指して

アメリカのスポーツビジネスですが、
日本的な地味な部分も根幹にあるなかで
スポーツという競技自体のコンセプトも
オフィスに継承している所があったりします。

ではでは、今回はこんな所で。
そして自分のテスト勉強をこの記事でするのである

 

スミカ(Rick)
⇒プロフィールはこちら⇐

 

down

コメントする




関連記事

学校生活

Nona Reeves

GReeeeN

ポケモン

星のカービィ

こちらの記事が人気です!