Welcome!

Want some tips for studying abroad?
Feel difficulties in English learning?
Or just wanna know the reality?
"Better Youth. Better Future."
Here is your place to look at.

My Mission

【バカ】時代はブログ書いて勉強や!スポーツマネジメントのテスト勉強を記事にしたった

学校生活

 

どうも、スミカ(Rick)です。
今週も早いもので、ぼちぼちと
「今日でクラスは最後。あとはテスト!」という言葉も
チラホラと聞くようになりました。

 

なので、ある意味当然なのですが
テスト勉強というものを抱えています。
そんなミシシッピ初めての大きなものに追われながら
この「Final Week」に差し掛かってくると、
図書館の人混みがいつもよりあわただしくなる…
アメリカの大学でもおなじみの光景ですね。

ですが、スミカ(Rick)は基本的に
このブログも毎日更新すると決めています。

そんなこんなで
時間足りねえな・・・
そもそもダリいな、勉強・・・
でも、ブログも書かないとな・・・

思っていた時に、
「とある」一つの考えが浮かびました。

 

 

同時にやればいいんじゃね??
ウェチゴセイカァッ

 

そうすれば筆者自身のまとめ&見返しになりますし、
何よりこのブログのコンセプトである
未来の留学生に役立ててもらう」という
目標にモロでコミット出来るやんけ!!
それを人はライザ〇プと呼んだ

という訳で今回の記事では、
筆者が(一応)専攻している
スポーツマネジメント基礎クラス
期末テストでやるような情報をまとめていきます。
やるような、というかやるんですけど

日本ではまだまだ馴染みの少ない
スポーツマネジメント」という専攻。
先日に挙げたプレゼンまとめの模様も合わせて、
ぜひ、アメリカスポーツビジネス
ちょっとした入り口を覗いてみてください。

⇒【現実】クラスプレゼンまとめ!結局「スポーツ業界を目指す」ってどういうことなの?⇐

(出典または引用、および参考:
Foundations of Sport Management Third Edition
© Gillentine, A. and Crow, R.B.
Fit Publishing (2015), All Rights Reserved.)

 

「スポーツマネジメント」とは

マネジメントの機能

  • Planning(計画
    ゴール(目標)アクション(行動)の方針設定
  • Organizing(構成
    具体的なプロセスの作成・グループ内での部署や権限の決定
  • Directing(指揮
    計画実施における社員やアスリート・自分自身のモチベーションアップ
  • Monitoring(監視
    実行における監視事後評価・比較、計画の見直し

マネジメントを行う技術

  • Technical Skills
    オペレーションにおける専門知識、特に競技自体に関して
  • Human Skills
    指揮・コミュニケーション・モチベートなどの対話能力
  • Conceptual Skills
    団体のシナジーを具現化する力・目標への想像力や実現力

Decision-Making(グループでの決定)

⇒上3つのスキルを合わせて行われる
スポーツマネジメントの重要な役割の一つ。

Benefit(利点)
  • より多くの情報を集めるので、より正確な分析が出来る
  • 「チームメンバーとして」のやる気アップを促進する
  • 一人あたりにかかる責任や負担の軽減
Difficulty(難点)
  • 決定までにより長い時間を要する
  • メンバー内でのレベルに差がつきやすい
  • 情報の不行き届きや誤解を予防する必要がある

余談

「スポーツビジネス」というと
どこか華やかで豪快なイメージが
一般的についているかもしれませんが、
日頃のオフィスにおける事務関係は
ごく普通の会社のそれとなんら変わりません。

あえてスポーツ業界らしい
特徴を挙げるとしたら、
あまり一般的な業界と比べると
一人が独断で決めることってあまりないんですよね。
いわゆるチームワークです。
それぞれがそれぞれの仕事を
プロとして信頼し合って任せている、という印象です。

筆者もこれまで
幾つかのスタジアムで研修を行ってきましたが、
それらの施設にも共通しているのが
いわゆる「この人が全てのトップ・指揮」というよりは、
この担当はこのチームそこはその部署の範囲、と
権力や義務がうまく分散しているのが特徴です。
コネクションとかになってくると話は別ですけどネ

 

スポーツファイナンス

スポーツ団体の所有形式

  • Sole Proprietorship
    一人のオーナーが所有
  • Partnership 
    複数のオーナーで共同経営
  • Corporation
    行政・法律の監視下に入る「企業」
  • S Corporation / LLC(特別法人/有限会社)
    その他例外

 

ライセンスと金儲け

License(ライセンス)

そのチームのロゴやトレードマークを
グッズや宣伝用等に公的使用する際に
その発行元に対して払う使用料のこと。

スポーツビジネスの大きな収入源の一つ。
ライセンス使用料等の売り上げが
全体のうちの最大20%を占める。

ライセンスを発行する側はLicensor、
その使用を許可してもらう側はLicenseeと呼ばれる。

余談

それに加えて、アメリカのスポーツ団体の
大きな財源となっている所が
スタジアムの命名権です。
日本だと地方の野球場などで
たまに企業名がつく程度ですが、
アメリカ(MLB)の球場では逆に
「命名されていない」球場の方が少ないです。

日本にヤフオクドームがあるように
携帯大手のAT&Tパークがあり(ジャイアンツ)、
あの大手ジュースブランドである
ミニッツメイド・フィールドがあり(アストロズ)、
日本でもおなじみマリナーズの本拠地、
シアトルのセーフコ・フィールド
その一つです(「セーフコ」は地元の保険会社)。

逆に、ボストン・レッドソックス本拠地の
フェンウェイ・パークや(フェンウェイは地名)や
ご存知ヤンキー・スタジアム(球団名そのまま)など、
企業に名前(命名権)を売っていない球場は
MLB30球団の中では9つしかありません。

 

スポーツマーケティング

プロモーション(販売促進)の種類

  • Price Promotion値段
    おまけ(値引き)チケットやクーポン等、
    おトクになる(値引き)」販売の促進。
  • Non-price Promotion値段以外
    プライスレスで付加価値を付ける。
    写真撮影やグランド見学、アイテム配布など

顧客層のリサーチ

スポーツビジネスにおける
Segmentation(区分)という言葉は、
主にマーケティングで活用される
顧客の様々な層への仕分け
という意味で使われる。

Segmentationの代表的な2種類。
  • Demographics(人口統計
    年齢や住所・職業や学歴などの基本情報
  • Psychographics(性格特性図
    趣味・嗜好をデータとして収集・整理する

 

余談

顧客層を仕分け、分析したうえで
ターゲットを絞った商品を売り出すのは
日本の一般的企業でも変わりません。
ですが、アメリカのスポーツ業界には
日本のいわゆる「ターゲット層」とは異なる
一つのポイントが存在します。

例えばアメリカの球場などでは特に
家族層をいかに取り込めるかが一番重視されます。
ご存知の方もいるとおもいますが、アメリカでは
親が子供を一人にさせるのを法律で禁じている関係で
外出は基本的に家族総出になります。
そこで、「親子で一緒に楽しめる」という事で
ファミリー層の取り込みが必須なんですね。

なので、アメリカのスタジアムには
必ずと言ってよいほど
「子供の遊び場」ゾーンが存在します。
ご家庭にお子さんが居る方は分かると思いますが、
特に野球などの長時間スポーツになると
子供ってあっさり飽きるので、
そういう意味でもこのような施設は必須ですね。

 

まとめ。

  • チームワークはオフィスにも通ず
  • 名前やブランド「自体」を売るというビジネス
  • 家族で楽しめる新しい遊園地的場所を目指して

アメリカのスポーツビジネスですが、
日本的な地味な部分も根幹にあるなかで
スポーツという競技自体のコンセプトも
オフィスに継承している所があったりします。

ではでは、今回はこんな所で。
そして自分のテスト勉強をこの記事でするのである

 

スミカ(Rick)
⇒プロフィールはこちら⇐

 

コメント