「生きる」と決めた日々。feat.USM

Fall Term Comes at Southern Miss. I Guess I Am Japanese.

【OneListenOneSoul#3】さあ、「これから」のビジネスマーケティングの話をしよう—Yasue M. Hillさん【中編】

time 2017/05/16

【OneListenOneSoul#3】さあ、「これから」のビジネスマーケティングの話をしよう—Yasue M. Hillさん【中編】

 

どうも、こんにちはスミカ(Rick)です。

 

さて、今回の【中編】では
OneListenOneSoul第3回では
ミシシッピ州・ガルフポートにて
フリーランスとして活動されている
Yasue M. Hillさんにお話を伺っています。

↓↓【前編】はコチラから↓↓
京都とミシシッピを繋いだ「英語への挑戦」

さて、今回のパートでは
Yasueさんが務められている
フリーランスの仕事の一つ・
ネットワークマーケティング」に関して
これからへの見解と経験を伺っています。

それでは、中編をどうぞ。

 

 

「年をとること」のビジネス。

――「エイジング」に時代が来る、と。

  「エイジングケア」と言われたら馴染みの薄い年代も多いと思いますが、今の若い人が100歳くらいまで普通に生きる時代が来ているかもしれないと言われています。日本の平均寿命がこれからどんどん延びていって、私くらいの年代でも90代に行くだろうと言われています。そんな時に、いわゆる「定年(リタイア)」はどうするのかと。仮に65で引退するとしても、そこからのお金はどうするのかと。若いうちは健康でいいけれども、年を来ると身体のあちこちにガタが来ます。そんな中でも皆健康に過ごしたい――そんな状況の中、今マスコミで何が一番話題になっているかと言うと、「健康法」や「細胞を若返らせる」というようなエイジングケアを取り扱った内容のものが非常に増えてきているんですよね。

  色んな医療技術が発達していく中で、今一番「熱い」とされているのが細胞です。例えば、レスベラトロール(細胞に働きかけるポリフェノールの一つ。老化予防効果があるとされ、販売や研究が進んでいる)が今すごく話題になっていて、今からエイジングケアがもっと流行・傾向になっていきます。高齢化社会になっていく中で、やはり働くためにも健康でいなければいけないのでエイジングケアは絶対に必要になります。そして、年を取ってから「何をして働く」のかと。不動産投資とかで既に資産を持っている人はいいのですが、そうじゃない一般人はどうするのか――その中で一番手っ取り早くて確実なのが、ネットワークマーケティング・それで得る不労所得だと言われています。

 

オンライン市場から見る、世界の色。

――そもそも、「ネットワークマーケティング」とは。

  コスメ商品でもサプリメントでも、あとは様々なメンバーシップ(会員権)であったり…色々な商品をマーケットします。この業界は動きが激しくて、5年以内に大半の会社が無くなっていきます例えばアムウェイ(Amway。1959年米創業のオンラインマーケティングのパイオニア)やニュースキン(Nu Skin。1984年設立のネットワークビジネス会社、こちらもアメリカ発祥)・ハーバライフ(Herbalife。健康商品・スキンケアを扱うビジネスマーケット企業の一つ)とかが今のネットワーク業界大手ですね。その様な形で、一般の人にも出来る形でネットワークビジネスの競争が今どんどん始まっているんです。

  報酬プランも会社によってバラバラで、従来のネットワークビジネスの中には、本当に上の人ばかりが儲かるシステムもありますが、最新の会社は出来るだけ平等に分配をした上で、チーム単位で活動していくことが多いですね。だから正直なところを言うと、これから日本でも「こんなビジネスをやらない?」って声をかけられる人は多くなると思いますよ。

  少し複雑なのですが、商品のマーケティングを通して継続的に・安定的に商品を買ってくれる「ネットワーク・グループ=ファン」を作っていく…というのがネットワークビジネスの定義であり目的です。もちろん愛用者を獲得するのに加えて、その中から「私もビジネスしたい!」という人・チームを作っていく・世界中にカンパニーの支店をいっぱい作っていく感じ(ファン作り)でしょうか。

  その様にネットワーク作りを進めていくので、私のようなたまたまミシシッピで始めたような人でも、ビジネス界の超大物・オーナーに会えたりもします。そういう人たちって私たちとは見ている世界が全く違って、最初は話についていくのも大変でした笑。そういう方たちの中でビジネスをする訳なので最初は居心地が悪い部分もありましたが、不思議なもので、そういう方たちの仲間としてチームで働くようになると、自然と自分自身もその中に溶け込んでいくんです。そして「あの人に追いつきたい」という夢が広がるんです。「やるかやらないかよ。誰でもやれば出来るんだから」、とすごい気軽に言ってくるのですが笑、実際に一般の中で成功を収めている人たちの集う場所で一緒に仕事が出来るので、すごく自分自身を高められるんですよね。夢も希望もないって生きてても意味ないじゃないですか。そういう意味では、今現在は幸せな所に居させてもらってるんだな、と思っています。

  私が現在仕事にしているのは、これからどんどん伸びていくであろうエイジングケアの業界です。若いときは誰でも無茶が出来るけれども、年を取ったら心がしたいことと身体が出来ることが離れてしまう。そんな時に病気をしないような予防をすることは、どんな人にとっても大切です。特に女性は美容健康に関してすごく敏感ですし、子育てが関わったり復職したりだと本当に大変ですから。もちろんこれからは女性だけでなく、男性もリタイア後の人生について真剣に考えていかないといけないですし、そのためにはより健康なライフスタイル大切ですからね。なので「エイジングケア」というのは、全ての方に必要なケアなんですよ。

 

 

次回、インタビュー後編
アメリカに住むライターとしての現地からの視点、
そしてこれからの日本を支える若い皆さん
ミシシッピからの熱いメッセージを届けます。
To Be Continued…

↓↓インタビューの最終パートはコチラから↓↓
【後編】今に生きるライターの性、今を生きる若者の性。

 

スミカ(Rick)
⇒プロフィールはこちら⇐

 

 

 

 

おことわり※筆者個人のほそく。

 

(この記事はアウトローへの怪しい勧誘記事じゃ)ないです

まず断っておきますが、この取材中に
それに関する(アカン)方への勧誘や手ほどきに関する
筆者個人の意思に反するような説明等々は、一切受けていません
そもそも、そんな見境なくアレなソレをやってくるような人なら
インタビューは組んでいません。その位の目は筆者自身持っています。
極端な話ですが、もしその会社がグレーな商売であれば
筆者のような大学生は格好のカモだったと思いますが、
今回の取材に関して、そのようなことは一切起こっていません
安心してください、生きてますよ。

この「ネットワークマーケティング」という分野、
別の表現を用いると「マルチ商法」という言い方が存在しますが、
この分野においてはヤ〇ザ商売も中には存在し、また誤解が多いのも事実です。
ですが、これからの超高齢化社会やそれに伴うアンチエイジング市場において
オンラインにおけるビジネスマーケティングを舞台として、
市場の動きを正しく読む先見の明を持ち合させた上で
不労所得を挙げることに成功している方がいるのも事実です。
これからの国際社会において、生きていくための重要な要素の一つである
「ネットワーク」を広く深く、そして強く広げることが出来るのも事実です。

正しい知識を持ってさえいれば、
時折存在するブラックなソレに引っかかるのを防げますし
もしかしたら未来の新しいビジネスの
「恩恵の方」を将来において受け取れるかもしれません。
この記事にはそのような
知らないとこれから損するで」という筆者の思いも入れました。
ちなみに商品の実質絡まない、金品のみが取引される(吸い上げられる)
いわゆる「ネズミ講(無限連鎖講)」は特定商取引法違反、立派な犯罪です。
マルチ商法はあくまでも商品のマーケティングを広げていくものなので
それ自体は明白な合法
なのですが、
「何を主に扱うか」に関してグレーな会社も存在するので気をつけましょう。

そして最後にですが、エイジングケアは実際の所
これからもっと重要になっていくのも事実です。
というのも、これは個人の意見ですが
将来、超高齢化社会と化していく日本において
自分のケ〇は自分でふける中高年になっていないと
将来がどエライことになります。気を付けましょう。

今回の記事を通し、「ネットワークマーケティング」・そして
「アンチエイジング」という新進気鋭の業界に関して
世界の一部分を垣間見ることが出来たのであれば、筆者として幸いです。

スミカ(Rick)

down

コメントする




学校生活

Nona Reeves

GReeeeN

ポケモン

星のカービィ

こちらの記事が人気です!