「生きる」と決めた日々。feat.USM

Fall Term Comes at Southern Miss. I Guess I Am Japanese.

来月のインタビュー企画「ディープサウス日本人編」の裏側。どうやって日本人を探しているの?

time 2017/06/26

来月のインタビュー企画「ディープサウス日本人編」の裏側。どうやって日本人を探しているの?

 

どうも、こんにちはスミカ(Rick)です。

いよいよ大学のサマーセッションも
今週1週間をファイナルとして残すのみとなり、
それが終わればいよいよ来月から
インタビュー企画OneListenOneSoul
ディープサウス日本人編」がスタートします。

 

まだゲストを探してる最中ですけどね。
日程がぼちぼち固まってきただけまだマシ(震え声)

調べてみると改めて実感するんですが、
アメリカ南部(ディープサウス)って
まだまだ日本人の数が絶対的に少ないです。
フロリダの都市部やカレッジタウンになってくると
日本人コミュニティもあったりで賑やかなのですが、
テネシーやアラバマに関してはほとんどお手上げ状態。

そして、このインタビュー企画が
少しずつ…少しずつ知られていくにつれ
こんな質問を受ける機会が増えてきています。

 

「アメリカ南部で
どうやって日本人を探しているの?

確かに、そりゃあそうですよね。
もしこの企画の舞台がロスとかNYなら
格段に難易度が下がっていたんでしょうが、
ここディープサウスでの実施となると
インタビューの内容や記事の質・量以前に
インタビューが出来る事」自体を気にせばなりません。

という訳で今回は
ピンポイント過ぎて需要なくね?というツッコミは置いといて

「周りに日本人がいない…」って人は特に必見!
本企画(@ディープサウス)での日本人の探し方

こちらを一記事としてまとめていきます。
この企画のちょっとした裏側がのぞける・・・かも?

 

 

1.まずは「地域名 日本人 ○○」でググってみる

基本的な探し方になるのが、この方法です。
その地域に日本人は居るのか?といった所から
どのような暮らし・仕事をしているのだろうといった所から
インタビュー相手を選定していきます。

そして、この調べ方だと必然的に
日本文化や日本人向けの商売」に
携わる方の情報をつかむチャンスを得る事が出来ます。
例えばアジア系のスーパーであったり、
日本人向けの教育機関や補習校であったりがコレです。
日本人の多い地域であれば、
現地日本人向けのポータルサイト」といった所から
情報取集をすることも出来ます。

ちなみに本企画においては、
この方法でジョージア州の板前にリーチしています。
ネット上で適当に日本を絡めて探していたら、偶然発見。
こんな所で寿司を握ってる日本人が…」と興味を持ち
学生の分際でダメもとでメールを送りました。
それだけに、アポが取れてマジでビビったのは言うまでもなく。

 

2.ブロガーのレス率は高い。

海外在住の日本人の中には
ブロガーとしてブログを書いている方も多く、
それぞれのブログが日本人の情報源として
非常に役立っているのが事実です。

そしてこれはブロガーの宿命だと思うのですが、
わざわざ自分の文章をネットに発信するような人って
自己顕示欲や「人の役に立ちたい」欲が強いです。
これは筆者(スミカ)自身ももちろんそうですが

なので、例えば本企画を通して連絡をすると
結構な確率で返信が来て助けてくれるんですよね。
それで読者と筆者という関係でお互いに繋がったり
「こんな情報書いてるんですね!役に立ってます!」
とか言われるとすんごく嬉しいのは、
筆者自身もそうですがブロガーとしての歓びですからね。

ちなみに本企画の中でも、
こういった「アメリカ南部ブロガー」の方にも
何名かフォーカスしてインタビューを予定しております。
同じブロガーとして、話してみたいコトもあるかも。
あと、とりあえず思うのは

何年も前に更新止まってるブログ多スギィ!
あ、飽きたんやな…(察し)って…

 

3.海外のサービス提供サイトも活用する。

本企画の日本人ゲスト選定においては、
この方法が最も人数が多いです。
つまり、インタビュー取材をお仕事として受けてもらう。
さっくり言うとビジネスとして取材費もちゃんと渡して…というもの。
海外では、このような方々を斡旋するサイトが数多く存在します。

これがあまり言いたくない話なんですが、
人ってやっぱりお金が絡んだ方が積極的に動きます
日本人としてこうあるべき…とか云々の以前に
これは人間のある意味本質だと、改めて感じています。
人ってお金大好きだからね、仕方ないね

ちなみに筆者が良く使っているのは
トラベロコというサイトです。
世界中の現地に住んでいる日本人と
様々なサービスのサーバー・レシーバーとして
交流が出来る場所となっております。
筆者自身も一応現地民として名前だけ登録しておりますが、
ぶっちゃけブログに直接来てもらったほうがありがたかったり。

 

まとめ—日本人ゲストの探し方

  1. まずはその地域名と「日本」でググる
  2. 日頃から発信しているブロガーも協力してくれる!
  3. サービス・ビジネスとして助けてもらう!

ちなみになんですが、
「○○(地域名) 日本人」でググると
大方の地域だと最初の方に出てくる
日本人コミュニティ」やそれに近い団体。
本企画でのゲストの探し方において
これが出てこなくて意外だった方もいるのではないでしょうか。

 

ぶっちゃけ、全く頼りになりません。
少なくとも、本企画のゲスト選考では一度も使っていません。
ここからは筆者個人の経験と意見ですが、
「海外で少数派(日本人)がグループを組む」と
まさに日本の村文化そのままみたいな構図になるんですね。
そうなると、暮らしている人同士にとってはありがたいですが
筆者のような外部からは中々コンタクトがとり辛いのが現状です。
もちろん連絡を試みてはいますが、返信率が驚異の0%なのは秘密

筆者の住む地域(ミシシッピ)にもいつか
いわゆる日本人コミュニティが確立されるかは分かりませんが、
自分たちだけが恩恵をお互いに与えあって
外部には何もしないような『村』は作りたくないですね。
皆をまんべんなく受け入れてこその「コミュニティ」ですし、
このブログもそういう場所にしたいと思っています。

 

ではでは、今回はこんなところで。
とあるリクエストがあったので、
本企画のちょい裏側の記事を書いてみました。
今日もお読みいただき、ありがとうございました。

スミカ(Rick)
⇒プロフィールはこちら⇐

 

お知らせ

⇒本企画の実施要項はコチラから⇐

アメリカを巡るのインタビュー企画
OneListenOneSoul」において、
来月7月に「ディープサウス日本人編」を実施します!
日本人がほとんどいない地域において
住むこと・生きることを決断した日本人たち。
その暮らしや仕事にかける情熱、そして
未来の日本に残したいメッセージに迫ります。

その未知なるインタビュー巡業プロジェクトにおいて、
ただいま本ブログ「『生きる』と決めた日々。」では
今月中においてクラウドファンディングを実施しています。
クラウドファンディング終了まで、残り4日となりました。
ぜひ、ご拡散・ご協力をよろしくお願いいたします。

現在(6/26現時点)の交渉推移

インタビュー実施確定・・・16人/30人(目標)

  • フロリダ州・・・7人
  • テネシー州・・・3人
  • ジョージア州・・・5人
  • サウスカロライナ州・・・1人

⇒クラウドファンディング特設サイトはこちらから⇐

⇒「OneListenOneSoul」に関してはこちらから⇐

⇒「こんなコトをする理由」や「筆者の信念」もまとめました⇐

 

down

コメントする




学校生活

Nona Reeves

GReeeeN

ポケモン

星のカービィ

こちらの記事が人気です!